まぶたの脂肪吸引失敗しないポイント

まぶたの脂肪吸引で失敗したらどうなるの?

厚ぼったいまぶたを脂肪吸引ですっきりさせたい人は多いと思いますが、同時に気になるのが失敗のリスクです。まぶたの脂肪吸引を行うことでどんなリスクがあり、どんな失敗が起こる可能性があるのでしょうか。

まぶたの脂肪吸引のよくある失敗例

厚くて腫れぼったいまぶたに悩む方に人気なのが、まぶたの脂肪吸引です。まぶたを数ミリほど切開して穴を開け、そこからまぶたの厚みの原因になる「眼窩脂肪」を切除する手術で、分厚いまぶたをスッキリさせたり、他の二重整形手術と組み合わせることで二重の埋没法の持ちをよくできる施術です。
ただし、ここで注意しておきたいのは「まぶたの腫れぼったさは眼窩脂肪だけが原因ではない」ということ。眼窩脂肪が原因でない場合、「まぶたの脂肪吸引をしたのに効果がない、失敗だ」と感じる方が多いようです。

まぶたの下にはまぶたの皮下脂肪、まぶたを動かす筋肉の下にあるROOF、そして眼球のまわりを覆っている眼窩脂肪という3つの脂肪があります。眼窩脂肪はまぶたのずっと奥にあるため、脂肪吸引して厚みを取ることはできても二重まぶたを作れるわけではありません。二重まぶたを形成したい場合は、別途二重整形手術(埋没法か切開法)を受ける必要があります。脂肪を取れば二重になれる、と誤解されている方は注意が必要です。

また、まぶたの腫れぼったさは、眼窩脂肪の脂肪吸引でなくROOF脂肪の切除手術を受けたほうがスッキリする可能性もあります。

脂肪吸引でもうひとつ多い失敗は、脂肪を取りすぎることによる目のくぼみです。施術後は問題なくても、年齢を重ねる中で、周囲よりも早く目がくぼんでしまうこともあります。くれぐれも脂肪の取りすぎには注意する必要があります。

まぶたの脂肪吸引で失敗しないためにチェックすることは?

まぶたの脂肪吸引で失敗しないためには、何よりまず医師のカウンセリングを受け、医師の診断をしっかり聞くことが重要です。まぶたの厚みを見て、脂肪吸引でスッキリさせることが出来るのか、ROOF切除が最適なのかは医師に判断をゆだねましょう。
まぶたの脂肪吸引で取り去る眼窩脂肪は、眼球のまわりを覆っている脂肪で、まぶたのずっと奥にあり、そこは二重形成には関係がありません。腫れぼったいまぶたを解消すると同時に二重にしたい!と思うのであれば、脂肪吸引だけでなんとかするのは難しく、別途二重整形手術を受けることを念頭におきましょう。

また、脂肪を取り過ぎてくぼんでしまった…な辛い後悔をしてしまわないためにも、実績のある信頼できる医師を探すことが非常に大切です。HPに掲載されている症例写真や医師のプロフィールで脂肪吸引で経験豊富な医師を探すようにしましょう。また、二重整形手術を併せて行う場合は、二重整形術でもたくさんの経験を積んでいる医師が望ましいです。

一般的にまぶたの脂肪吸引は、二重整形手術の埋没法で作った二重のラインを持続させる効果があるといわれています。そのため、クリニックの多くは埋没法とあわせて脂肪吸引を行っており、なかには脂肪吸引は必要のないまぶたの状態の人にも脂肪吸引をすすめてくる悪質なクリニックもあります。カウンセリング時に無理な勧誘をしてこないか、本当に必要な施術を提案してくれているのかも意識しておきたいところです。

まぶたの脂肪吸引で失敗したら、どうする?

まぶたをスッキリさせるために脂肪吸引を受けたものの、まぶたの腫れぼったさが解消されなかったという場合は、厚みを生み出している要因が眼窩脂肪ではなく、ROOF脂肪である可能性は高いです。
また、まぶたが腫れぼったい原因は脂肪が多いわけではなく、皮膚がたるんでいるケースも多々あります。その場合は、まぶたの皮膚のたるみを切除する方法や埋没法で効果が上がることがあります。
また、まぶたの脂肪を取りすぎてしまった場合、まぶたが窪んでしまうことがあります。その場合は窪みを埋めるためにPRPやヒアルロン酸注入・脂肪注入などの処置を行うことができますが、脂肪注入はしこりになってしまうリスクもあるため、医師選びは十分慎重に行う必要があります。
まぶたの厚みは加齢によって薄くなっていくものです。脂肪吸引は年齢や体質、骨格などを見極めて慎重に行わなければなりません。信頼できるドクターを探して、しっかりと話し合いを行いましょう。

~ROOF切除と眼窩脂肪切除の違いは?~

まぶたの腫れぼったさを解消する方法のひとつである脂肪吸引ですが、まぶたの脂肪吸引で取り除けるのは、眼球の周りを覆っている「眼窩脂肪」です。まぶたを数ミリだけ切って穴を開け、そこから眼窩脂肪を取り出して切除するのが「まぶたの脂肪吸引(眼窩脂肪切除)」です。一方、まぶたを動かす筋肉の下にあるのが「ROOF脂肪」。まぶたを切開することでROOF脂肪を切除し、まぶたの腫れぼったさを解消することができます。どちらの脂肪除去もわずかな狂いで顔の印象を大きく変える施術ですので、熟練のベテラン医師が執刀しているところを探すようにしましょう。

二重整形手術の名医はどこだ!?

お悩み解決

目を大きくしたい!簡単に二重にする方法まとめ

二重整形・二重手術パーフェクトガイド 編集部より

誰もが理想の目元を叶えることが出来る時代になりました。

自分の目元を鏡で見て「あと少し目がぱっちりしていたら…」「あの芸能人のような目だったら…」と溜息をついたことがある人のために、この二重整形手術情報まとめサイトはつくりました。
“整形手術”と聞くと反射的に不安な気持ちになるかもしれませんが、今現在二重整形施術の中で最もポピュラーな“埋没法”は、顔にメスを入れる必要もないので傷も残らず、たとえ思い通りにならなくてもやり直しがきく施術として、目元にコンプレックスを抱いている多くの方に選ばれています。憧れだった理想の目元を、今はとても手軽に叶えることが出来る時代です。とはいえ、全くリスクがないわけではありません。だからこそ、“医療機関”であるクリニックや経験豊富な医師選びが非常に重要になってきます。
このサイトでは、二重整形手術に関する役立つ知識を、良いことも悪いこともきちんと伝えることを大切にしました。二重整形に迷う方や検討されている方の参考になれば幸いです。

二重整形・二重手術
パーフェクトガイド 編集部

サイトマップ

プライバシーポリシー

Copyright (C) 二重整形・二重手術パーフェクトガイド All Rights Reserved.