部分切開法失敗しないポイント

部分切開法で失敗しないために知っておきたいこととは?

二重整形手術のひとつ、部分切開法で失敗や後悔をしないために、手術前に知っておきたいことをまとめました。部分切開法でよくある失敗例から事前のチェックポイント、またもし失敗してしまった場合の対処法を解説します。

部分切開法手術のよくある失敗例

部分切開法はメスでまぶたを切開して処置を行う二重整形手術ですので、埋没法にくらべると腫れや痛みが強く出ますし、ダウンタイムも長くなります。まぶたに内出血が出ることもあり、「もしかして失敗したのでは…?」と心配になる方もいますが、そうした症状は珍しいことではありません。通常、しばらくすれば自然とおさまってきますので、まずはあわてず医師から説明を受けたダウンタイム期間は安静にして様子を見ましょう。
ただ、症状のなかには施術が失敗したり、何らかのトラブルが起きている場合があります。
たとえば、切開部分の傷口が目立ってしまう場合。部分切開法は、なりたい二重ラインに沿って小さく1㎝ほど切開することでまぶたを引き上げ、二重を形成する施術ですが、ドクターの技量によっては二重のラインと傷口がうまく合わず、傷口が目立ってしまい、まぶたを閉じたときにも不自然な線が入ってしまうことがあります。
また、埋没法とは違ってメスを入れる施術とはいえ、必ずしも半永久的に二重が続くというものではなく、ラインが取れてしまうこともあります。とくに、もともと目が腫れぼったい人や太い幅の二重ラインを希望して施術した場合に取れやすいと言われています。
他には、部分切開と併せて眼窩脂肪を吸引した場合、この脂肪を医師が取りすぎてしまうと、目の上がくぼんでしまうことがあります。
左右差が出てしまうケースもあります。目の形は(個人差はありますが)左右対称ではないため、二重のラインも左右対称にならず、目に左右差が出てしまうことがあります。

部分切開法手術で失敗しないためにチェックすることは?

部分切開法で失敗してしまう最大の原因は、担当医とのコミュニケーションにあると考えられます。二重まぶたとひとことに言っても幅はどのくらいなのか、自然な雰囲気なのかくっきりした目元にしたいのか、人によってイメージはさまざまです。そのため、執刀するドクターと仕上がりのイメージを細かく共有しておかないと、ドクターとしては予定通りだったとしても本人は「こんなはずじゃなかった、失敗だ!」と感じてしまうかもしれません。
そのため、カウンセリングでは、しっかりとコミュニケーションを取ってくれるかどうかを調べましょう。こちらの話をきちんと聞いてくれ、施術の内容や仕上がりイメージ、リスクまでちゃんと教えてくれるドクターを選びましょう。また伝えた理想に対して調子の良いことばかり言う医師よりも、時には「あなたのまぶたには合わない」「不自然な目になる可能性が高い」といったネガティブな意見もくれる医師の方が信頼ができます。
もちろん、医師の経歴や実績、保有する資格(技術・知識・経験に関する第三者機関からの認定)などはクリニックのサイトに掲載されていることが多いので事前にチェックして、施術をお願いするのにじゅうぶんな実力と知識があるかどうかを確認しましょう。

部分切開法手術に失敗してしまった場合、どうする?

失敗した!と思ったとき、埋没法なら糸を抜けば元どおりにできますが、部分切開法の場合そうはいきません。部分切開法ではまぶたを切ることで二重を半永久的にキープすることも可能ですが、裏を返せばそれは「一度切開したものは元に戻せない」ということ。
もしも部分切開法で思っていた二重ラインとは違っていたとしたら、再度施術を受けてまぶたを切るしかありません。まぶたが落ち着くのは施術後6ヶ月ほどと考えられていますので、再手術を受ける場合はそれ以降まで待つ必要があります。
二重の幅を控えめにしたら物足りなかった、逆に広く切りすぎてしまったというときも、切開法の施術を再度受けることで修正できます。二重の幅を広げたいときは最初に作ったラインの上に新しいラインを作ったり、まゆげの下の皮膚を切開してまぶたを引き上げるなどの方法があります。幅を狭くしたいときは完全切開法でまぶた全体を切開し、皮膚を切り取って二重の幅を狭くすることができます。

~部分切開法手術後に、こんな症状が出たら要注意!~

二重整形手術の部分切開法は術法が確立された安全な施術メニューですが、メスを入れる以上リスクはゼロではありません。たとえば、まぶたにくぼみができてしまう、目が開きにくい、閉じづらい、二重のラインが消えてしまったなど、気になる状態がある方は、遠慮せずドクターに相談することをおすすめします。他にも、医師から説明されたダウンタイム期間を過ぎているのに腫れが引かない、痛みが取れない、まつげ側の感覚がいつまでたっても戻らないなどといった気になる症状も、速やかに担当医に相談するようにしてください。

二重整形手術の名医はどこだ!?

お悩み解決

目を大きくしたい!簡単に二重にする方法まとめ

二重整形・二重手術パーフェクトガイド 編集部より

誰もが理想の目元を叶えることが出来る時代になりました。

自分の目元を鏡で見て「あと少し目がぱっちりしていたら…」「あの芸能人のような目だったら…」と溜息をついたことがある人のために、この二重整形手術情報まとめサイトはつくりました。
“整形手術”と聞くと反射的に不安な気持ちになるかもしれませんが、今現在二重整形施術の中で最もポピュラーな“埋没法”は、顔にメスを入れる必要もないので傷も残らず、たとえ思い通りにならなくてもやり直しがきく施術として、目元にコンプレックスを抱いている多くの方に選ばれています。憧れだった理想の目元を、今はとても手軽に叶えることが出来る時代です。とはいえ、全くリスクがないわけではありません。だからこそ、“医療機関”であるクリニックや経験豊富な医師選びが非常に重要になってきます。
このサイトでは、二重整形手術に関する役立つ知識を、良いことも悪いこともきちんと伝えることを大切にしました。二重整形に迷う方や検討されている方の参考になれば幸いです。

二重整形・二重手術
パーフェクトガイド 編集部

サイトマップ

プライバシーポリシー

Copyright (C) 二重整形・二重手術パーフェクトガイド All Rights Reserved.