• 二重クリニックおすすめ総合TOP5!
  • 二重整形手術が得意な名医一覧
  • 二重手術の方法別!美容外科3選
  • 地域別!二重整形の人気クリニック
  • 全国二重整形クリニックリスト
  • 簡単!目を二重にする方法まとめ
  • あなたの目の悩み、ズバリ解決します
  • 二重整形の口コミ評判まとめ
  • はじめての二重整形クエスチョン
  • 二重整形手術の種類大辞典

完全切開法失敗しないポイント

完全切開法にはどんなリスクや失敗例がある?

二重整形手術のひとつ、完全切開法に潜むリスクを紹介します。完全切開法で起こりがちな失敗例をはじめ、失敗しないために気にすべきポイントや、万が一失敗してしまった場合にどうすればよいかまで解説していきます。

完全切開法手術のよくある失敗例

完全切開法で一番起こりやすい失敗が、傷跡が目立って残ってしまうことでしょう。完全切開法は本来、半年もすれば腫れがすっかり取れて二重ラインが定着し、整形したとは判らないくらい傷跡も目立たなくなるものなのですが、医師の技術不足や患者さんの体質などの要因で傷が悪目立ちして残ってしまうことがあります。完全切開法は1度やるとやり直しが難しい施術ではありますが、皮膚に余裕が残っていれば、その傷部分を切り取って再手術することも可能です。ただその場合、理想の二重幅にはなれない可能性があります。
完全切開法手術で避けたい失敗例として他にも、目の開きが悪くなってしまったり、左右の二重幅がちぐはぐになったりといったことも起こることがあります。また、完全切開法と併せて行った目の上の脂肪除去によって眼窩脂肪を取りすぎると、目の上がぼっこりくぼんで人相が変わってしまうことがあります。

完全切開法手術で失敗しないためにチェックすることは?

完全切開法は二重整形手術の中でも最もデザイン性の高い施術です。それは同時に、担当するドクターの技量や知識、美的センスによって仕上がりに差が出るということでもあります。完全切開法で失敗しないためには、何より経験豊富なベテラン医師に巡り合えるかが最優先です。
医師を探すには、各クリニックのウェブサイトにアクセスして医師のプロフィールをチェックしてみましょう。経歴や症例数、保有している医療資格(認定医や専門医等)、二重整形手術の症例写真などを確認して、切開法を始めとした目元・顔の外科手術経験をどれだけ積んでいるか確認しておきたいところ。
その上で気になるクリニックや医師が見つかれば、カウンセリングを予約して直接相談してみましょう。あなたの話をしっかり聞いてシミュレーションしてくれるか、施術の内容や費用などの説明をきちんとしてくれるか、メリットだけでなくデメリットも教えてくれるか、希望どおりにするだけでなく本当に患者さんの顔に最適な施術を提案してくれるか、などのポイントをチェックしておきましょう。

完全切開法手術に失敗してしまった場合、どうする?

完全切開法を受けたもののイメージしていた仕上がりと違う、まぶたや目のトラブルが解消されないという場合は、まずは半年ほど様子を見てみましょう。半年まではまぶたの状態が不安定なため、時間とともに症状が落ち着くこともあります。
もちろん、強い痛みが引かない、目の開き方がおかしい、など、明らかな違和感や異常を感じたり強い不安を抱いた場合は、遠慮せず施術を受けた医師に相談をしましょう。
完全に定着するはずの期間を過ぎてもなお、やはり「失敗した」と感じることがある場合は、担当医に相談を。
ただ1つ理解しておかなければならないのは、切開法は再手術が非常に難しく、施術前の状態に戻すことはできないということです。ただ、近年の美容医療の進歩によって、まぶたに皮膚の余裕があれば、再手術出来る可能性もあります。とはいえ、やはり切開後の再手術に多くの医師やクリニックが慎重なのは、切開を繰り返すことで目の開閉に大きなダメージを与えてしまう可能性があるからです。
なお、完全切開法で作った二重幅が狭い場合には、再度切開法を行うことで修正することが可能です。最近は他院修正を行っていることを大きくアピールするクリニックも増えてきましたから、失敗したと感じることを施術を担当した医師には言いにくい…と思う方は、そうした他院修正を行うクリニックに相談に訪れるのもよいでしょう。
また「失敗した」と感じる背景には、目元だけがぱっちりと変わってしまったために全体のバランスが崩れ、いかにも整形しました!という雰囲気が出てしまうことが原因かもしれません。その場合はまぶたではなく鼻や口元などとのバランスを考えながら医師に相談するのもよさそうです。

~完全切開法手術後に、こんな症状が出たら要注意!~

完全切開法を受けた方の中には、目が開けづらい、逆に目が閉じづらい、まぶたにくぼみが出てしまった、という失敗に嘆く方がいます。施術後2~3ヶ月のうちに自然と解消されることも多いのですが、大きな不安を感じるようであれば、担当医に相談するのが良いでしょう。また、人によってはまぶたの感覚が鈍くなる方もいますが、こちらは自然と落ち着くのが一般的です。ただもしも半年たっても症状がおさまらない場合は、速やかに担当医の診察をうけましょう。
施術から2週間以上たっても強い痛みがおさまらない場合は何らかのトラブルがおきている可能性がありますので、すぐにクリニックへ相談を。

二重整形手術の名医はどこだ!?

お悩み解決

みんなに聞いたよ!二重整形の口コミまとめ

目を大きくしたい!簡単に二重にする方法まとめ

二重整形・二重手術パーフェクトガイド 編集部より

誰もが理想の目元を叶えることが出来る時代になりました。

自分の目元を鏡で見て「あと少し目がぱっちりしていたら…」「あの芸能人のような目だったら…」と溜息をついたことがある人のために、この二重整形手術情報まとめサイトはつくりました。
“整形手術”と聞くと反射的に不安な気持ちになるかもしれませんが、今現在二重整形施術の中で最もポピュラーな“埋没法”は、顔にメスを入れる必要もないので傷も残らず、たとえ思い通りにならなくてもやり直しがきく施術として、目元にコンプレックスを抱いている多くの方に選ばれています。憧れだった理想の目元を、今はとても手軽に叶えることが出来る時代です。とはいえ、全くリスクがないわけではありません。だからこそ、“医療機関”であるクリニックや経験豊富な医師選びが非常に重要になってきます。
このサイトでは、二重整形手術に関する役立つ知識を、良いことも悪いこともきちんと伝えることを大切にしました。二重整形に迷う方や検討されている方の参考になれば幸いです。

二重整形・二重手術
パーフェクトガイド 編集部

サイトマップ