• 二重クリニックおすすめ総合TOP5!
  • 二重整形手術が得意な名医一覧
  • 二重手術の方法別!美容外科3選
  • 地域別!二重整形の人気クリニック
  • 全国二重整形クリニックリスト
  • 簡単!目を二重にする方法まとめ
  • あなたの目の悩み、ズバリ解決します
  • 二重整形の口コミ評判まとめ
  • はじめての二重整形クエスチョン
  • 二重整形手術の種類大辞典

二重完全切開法とは?

二重整形術の完全切開法とはどんなもの?

二重整形手術の中でも最も効果が長続きする「完全切開法」について、その特徴や一般的な施術の流れ、術後の経過から、向いているのはどんな方か、逆に向いていない方についてなど詳しく紹介します。

二重整形手術の「完全切開法」とはどんな施術?

半永久的に取れない二重まぶたを手に入れたいのであれば、「完全切開法」が最適です。完全切開法とは、二重整形手術のうち、メスでまぶたを切る切開法のひとつです。なりたい二重のラインに沿って約2.5~3㎝ほどまぶたを切るもので、まぶたを部分的に切る「部分切開法」(切開範囲は数ミリから1cm程度)と区別して、「完全切開法」や「全切開法」と呼ばれます。

二重整形手術で最も人気の高い「埋没法」は、メスをまぶたに入れないため、体にもお財布にも負担が少なく、術後のダウンタイムも短い施術ですが、その一方で数年で二重ラインが取れてしまう可能性があるというデメリットがあります。完全切開法は、メスでまぶたを切るため、埋没法と比べて腫れや痛みが強く出たり、ダウンタイム期間が長くなったり、費用が高くついたりといくつかデメリットはありますが、肝心の二重ラインが取れることはほとんどなく、一度の施術で半永久的に二重まぶたをキープすることができます。

完全切開法とは「なりたい二重のラインに沿って切開する施術」なので、デザインの自由度が高いことも特徴。まぶたの余分な脂肪や皮膚のたるみを取り除くこともでき、より理想のイメージに近いくっきり・スッキリした目元を作ることができるのが最大の魅力。そのぶん料金が高めで、ダウンタイムも長くなります。

完全切開法の施術、一般的な流れは?

完全切開法は、まぶたの皮膚を2~3cmほど切開し、まぶたを動かす筋肉と皮膚を固定することでまぶたを引き上げ、イメージする二重まぶたを作り出す施術です。
施術にあたっては、まずは医師のカウンセリングを受けます。個々に違うまぶたの状態や、なりたい二重のイメージを確認した上で、専用の器具を使って擬似二重を作って仕上がりのシミュレーションを行い、どの施術が適しているか、どんな風に切開するか、料金やダウンタイムに関する説明などを受けることが一般的です。埋没法等であれば片目ずつ施術を行ってくれるクリニックも存在しますが、完全切開法を受ける場合は通常、両目のバランスを整えるために両目同時に施術することが多いです。

手術時は部分麻酔を行うため、痛みはほとんどありません。施術時間は両目で30分〜1時間ほどで、二重のラインに沿ってマーキングをし、まぶたを3センチほど切開します。必要に応じて腫れぼったさの原因となっているROOFや皮膚のたるみを取り除きます。当日のうちに自宅へ帰れますが、自動車の運転やコンタクト、メイクなどは控える必要があります。

完全切開法の一般的な術後の経過は?

施術当日はできるだけ安静に過ごしましょう。術後2~3時間で麻酔が切れますので、多くの人は痛みを感じ始めます。痛みが気になる場合はクリニックで処方された痛み止めの薬を飲むか、ロキソニンなどの市販薬でもおさえることができます。

完全切開法は、二重整形手術の中で最も切開部分が長いため、埋没法や部分切開法と比べてどうしても強い腫れや痛みが出やすくなります。痛みは術後すぐはジンジンするような感覚がありますが、次第におさまってきます。ただ、腫れはかなり強く出ると思っていたほうがよいでしょう。1週間は可能な限り予定は入れず、自宅などでゆっくりすることをオススメします。最低でも1週間、長くて2週間ほどで落ち着く方がほとんどで、それでもまだ多少厚ぼったい感じがあるかもしれませんが、メイクすれば目立たなくなっていきます。(施術1週間程度で抜糸を行うとメイクも可能)。
1ヶ月くらいたったころでもまだ希望した二重ラインより幅が広く見えることはありますが、腫れが完全にひいて二重のラインが落ち着くのは約3ヵ月後。気長に待ちましょう。半年~1年ほどで傷も目立たなくなってくるでしょう。

~完全切開法に向く人、向かない人~

二重整形手術の中でも完全切開法とは二重のくっきりしたラインが最も長持ちする施術です。そのため、埋没法でうまくラインがキープできなかった方や、厚ぼったいまぶたをスッキリさせたり、余分な皮膚のたるみも取り除いて目元をすっきり生まれ変わらせたいという方に適しています。また、眼瞼下垂手術を同時に行うことも可能なので、目の開きをパッと良くしたい方にも完全切開法が適しています。その反面、ダウンタイムが長く、料金も高くなりますので、忙しくて1~2週間のダウンタイムが取れない方や、切ることにどうしても抵抗があるといった方は、まずは埋没法を試してみるのがいいかもしれません。

二重整形手術の名医はどこだ!?

お悩み解決

みんなに聞いたよ!二重整形の口コミまとめ

目を大きくしたい!簡単に二重にする方法まとめ

二重整形・二重手術パーフェクトガイド 編集部より

誰もが理想の目元を叶えることが出来る時代になりました。

自分の目元を鏡で見て「あと少し目がぱっちりしていたら…」「あの芸能人のような目だったら…」と溜息をついたことがある人のために、この二重整形手術情報まとめサイトはつくりました。
“整形手術”と聞くと反射的に不安な気持ちになるかもしれませんが、今現在二重整形施術の中で最もポピュラーな“埋没法”は、顔にメスを入れる必要もないので傷も残らず、たとえ思い通りにならなくてもやり直しがきく施術として、目元にコンプレックスを抱いている多くの方に選ばれています。憧れだった理想の目元を、今はとても手軽に叶えることが出来る時代です。とはいえ、全くリスクがないわけではありません。だからこそ、“医療機関”であるクリニックや経験豊富な医師選びが非常に重要になってきます。
このサイトでは、二重整形手術に関する役立つ知識を、良いことも悪いこともきちんと伝えることを大切にしました。二重整形に迷う方や検討されている方の参考になれば幸いです。

二重整形・二重手術
パーフェクトガイド 編集部

サイトマップ