蒙古ひだ対策には目頭切開メイク!

メイクでどこまで理想に近づける?

蒙古ひだがあるおかげで、なんだか目が腫れぼったくみえてしまったり、目と目の間が微妙に離れたりしているのがコンプレックスという方も多いもの。憧れの芸能人のようなぱっちりとした目を叶えるためには、美容整形しかないのかな…と諦めている方も、もしかしたらメイク方法をほんの少し工夫するだけで理想の目が手にできるかもしれません。目頭切開したような蒙古ひだが気にならない目にするためのメイク方法をご紹介します。

目頭切開メイクの基本

目頭切開メイクのポイント

目頭切開メイクの一番のポイントは、目頭部分をいかに腫れぼったく見せず、目を大きく見せるかが大切です。

アイライナーなどを使って目を大きく描こうと気合を入れれば入れるほど、どうしてもメイクが濃くなりがちです。全体を見ながら、メイクをするのが目頭切開メイク成功の秘訣です。それでは早速メイク方法をチェックしてみましょう!

意志の強そうな、きちんと感ある印象に仕上げたい場合には、黒など少し濃い色のアイライナーを使って目頭切開メイクをします。

また、ナチュラルな優しい印象にしたい際には、ブラウンなど明るめのアイライナーを使うといいでしょう。

  1. アイラインを引く
    まずは、アイラインにウォータープルーフのアイライナーで目のキワに細くラインを引きます。 アイシャドウを塗る場合は、アイライナーを使う前に塗っておきましょう。まつ毛とまつ毛の隙間を埋めるようにラインを引くとうまくいきやすいです。
  2. 目頭にアイラインを足す
    次に大きな鏡を見て全体を見ながら、目頭部分にアイラインを書き足していきます。 蒙古ひだ部分も、理想の目の形を描くように1~2mmほどの長さでラインを引いてみましょう。 あまりラインを引きすぎると不自然な印象になってしまいます。1~2mmでも顔の印象はガラッと変わるので、少しずつ書き足すのがポイントです。
  3. 目頭の先端から下の目のフチにそってラインをひく
    目頭部分にラインがひけたら、次は目頭のラインからつなげる形で「く」の字となるよう目の下にラインを引きます。 しっかりメイクなら目尻までラインを引いてぐるっと目を囲むようにしてみましょう。 ナチュラルメイクの場合は、目の下のラインは黒目の真ん中くらいで止めるのがオススメです。
  4. 目の下にもアイシャドウを使ってラインをなじませる
    最後にアイシャドウを使って、ラインをぼかします。トーンの違うブラウンのシャドウを2色ほど使うとナチュラルに仕上がります。

目頭切開メイクにオススメのメイクアイテム

目頭切開メイクは、アイライナーで理想の目の形を作る方法が基本となります。目頭は、涙が出る部分なので、メイクがにじまないようにウォータープルーフタイプのアイライナーを使いましょう。

また、アイライナーをあまり使いたくない方、メイクが苦手な方は、目頭に白やパール系のアイライナー、アイシャドウを使って目頭部分をぼかすのもオススメです。

目頭切開メイクを上手にするためのコツ

目頭切開メイクは、蒙古ひだをできるだけ目立たなくさせるのが大切です。とはいえ、アイライナーを引いて蒙古ひだを隠そうとすると、ついついラインを長く描きすぎてしまうもの。そうするとメイクが濃く、不自然な印象になってしまいますので、少し物足りないかな?くらいの長さで止めるのがポイントです。

また、ラインを引く際には、上目遣いでラインを引くと目を閉じるとラインがよれてはみ出してしまいます。あごを少し上げて鏡を見るようにしてラインを引くといいでしょう。

二重整形手術の名医はどこだ!?

お悩み解決

目を大きくしたい!簡単に二重にする方法まとめ

二重整形・二重手術パーフェクトガイド 編集部より

誰もが理想の目元を叶えることが出来る時代になりました。

自分の目元を鏡で見て「あと少し目がぱっちりしていたら…」「あの芸能人のような目だったら…」と溜息をついたことがある人のために、この二重整形手術情報まとめサイトはつくりました。
“整形手術”と聞くと反射的に不安な気持ちになるかもしれませんが、今現在二重整形施術の中で最もポピュラーな“埋没法”は、顔にメスを入れる必要もないので傷も残らず、たとえ思い通りにならなくてもやり直しがきく施術として、目元にコンプレックスを抱いている多くの方に選ばれています。憧れだった理想の目元を、今はとても手軽に叶えることが出来る時代です。とはいえ、全くリスクがないわけではありません。だからこそ、“医療機関”であるクリニックや経験豊富な医師選びが非常に重要になってきます。
このサイトでは、二重整形手術に関する役立つ知識を、良いことも悪いこともきちんと伝えることを大切にしました。二重整形に迷う方や検討されている方の参考になれば幸いです。

二重整形・二重手術
パーフェクトガイド 編集部

サイトマップ

プライバシーポリシー

Copyright (C) 二重整形・二重手術パーフェクトガイド All Rights Reserved.