蒙古ひだ形成で目頭切開修正

もしも目頭切開に失敗してしまったら…

蒙古ひだは、あると目が小さく腫れぼったく見えてしまうなど嫌な存在に思えることも多い反面、目の周りのシワやたるみを目立ちにくくさせるなど、ある面でいいところもある顔のパーツです。ただ、目を理想の形にしたいという理由から、目頭切開を選択する方も多いのも事実。目頭切開は、数ミリ単位でメスを入れる非常に細やかな技が求められます。そのため、目頭切開手術で「失敗した」「思った形にならなかった」と感じることも残念ながらあります。そんな時には、蒙古ひだ形成手術で、目頭切開を修正することができます。

目頭切開手術のリスク

目頭切開手術で蒙古ひだのないパッチリとした目元を作りたいと考えているなら、手術のリスクもしっかりと知っておきましょう。

目頭切開手術による失敗事例として多いのが「三白眼」になってしまうという事例です。三白眼とは、目の黒目の部分の両脇と目の上下どちらかが白眼になってしまう状態を指します。目頭切開手術はどうしても、目の周りの皮膚を切開して目を広げるため、数ミリ違うだけで白目が目立つ不自然な仕上がりになってしまう可能性があります。

もちろん、三白眼自体は西欧の方にも多い眼の形で、きりりとした印象的な目元でもあります。目指したい雰囲気や好みにもよるため、目頭切開手術を受ける前に、きちんと自分のイメージにあった仕上がりになるかを確認する必要があると言えるでしょう。

目頭切開手術を修正する「蒙古ひだ形成(修正)術」とは?

目頭を切開し蒙古ひだを取りさる目頭切開術を受けた後に修正する、蒙古ひだ形成(修正)術は上まぶたから目頭部分の皮膚をもう一度切りひらき、皮膚を広げる手術です。メスの入れ方によって「逆Z法」「V-Y法」などがあります。

逆Z法

Z字状に目頭部分を切り開く目頭切開の逆の手順で行われる逆Z法は、目頭部分にある皮膚から蒙古ひだを作る手術です。もともと蒙古ひだのない方にも使われることがある手術方法です。

V-Y法

目頭の上まぶた・下まぶた部分をV字になるようそれぞれ切開し、Y字に縫合するV-Y法。目頭切開をしすぎてしまった場合の修正手術として行われることが多い術式です。

手術直後は目頭が細く尖った形に見えますが、術後半年ほどで丸い目頭の形になります。

参考:高須クリニック「目頭切開」
https://www.takasu.co.jp/operation/eye/hida.html(最終確認日:2017/12/19)

蒙古ひだ形成(修正)術の費用

蒙古ひだ形成(修正)術の手術は、目頭切開とほぼ同じくらいの費用で受けられます。クリニックによっても金額の差がありますが、およそ20~30万円程度が相場のようです。

蒙古ひだ形成(修正)術の時間

蒙古ひだ形成(修正)術は、およそ1回の手術時間が30分ほどと手術自体はすぐに終わります。術後も1週間ほどは腫れが見られることがありますが、アイシングすることで多少腫れも軽減されます。

手術後にメイクできるようになるまではだいたい1週間ほどで、抜糸した翌日からアイメイクをしても大丈夫と言われています。

二重整形手術の名医はどこだ!?

お悩み解決

目を大きくしたい!簡単に二重にする方法まとめ

二重整形・二重手術パーフェクトガイド 編集部より

誰もが理想の目元を叶えることが出来る時代になりました。

自分の目元を鏡で見て「あと少し目がぱっちりしていたら…」「あの芸能人のような目だったら…」と溜息をついたことがある人のために、この二重整形手術情報まとめサイトはつくりました。
“整形手術”と聞くと反射的に不安な気持ちになるかもしれませんが、今現在二重整形施術の中で最もポピュラーな“埋没法”は、顔にメスを入れる必要もないので傷も残らず、たとえ思い通りにならなくてもやり直しがきく施術として、目元にコンプレックスを抱いている多くの方に選ばれています。憧れだった理想の目元を、今はとても手軽に叶えることが出来る時代です。とはいえ、全くリスクがないわけではありません。だからこそ、“医療機関”であるクリニックや経験豊富な医師選びが非常に重要になってきます。
このサイトでは、二重整形手術に関する役立つ知識を、良いことも悪いこともきちんと伝えることを大切にしました。二重整形に迷う方や検討されている方の参考になれば幸いです。

二重整形・二重手術
パーフェクトガイド 編集部

サイトマップ

プライバシーポリシー

Copyright (C) 二重整形・二重手術パーフェクトガイド All Rights Reserved.