二重整形・二重手術パーフェクトガイド HOME » あなたの目の悩み、ズバリ解決します

あなたの目の悩み、ズバリ解決します

自分にはどんな治療法がベスト?

今の目元から理想の二重にしたい、そんな希望をお持ちの方は、自分の目にお悩みをお持ちです。でも、自分の目の悩みに対して、どんな二重整形の治療法がベストなのかは、ご存じない方のほうが多いのではないでしょうか。
そこで、二重整形を希望される方に、とくに多い悩みをピックアップしました!二重整形に関するお悩み別に、おすすめの治療法をそれぞれご紹介します。

一重のまぶた

一重のまぶた

目つきがきつく見られてしまいがちな、切れ長の一重の目。二重にすることで、大きくハッキリした柔らかい印象の目にしたいと、希望される方が多いそうです。
日本人に多い一重の目は、アイプチなど二重アイテムを活用して二重にしている方も少なくありません。こうしたセルフケアで二重のラインを癖付けしていくのも有効ですが、時間がかかる上に確実とは言えません。
やはり、整形手術の埋没法・切開法で理想の二重を作るのが、治療法としてはオススメです。

一重のまぶた
奥二重のまぶた

奥二重のまぶた

こちらも日本人に多い「奥二重」は、二重の幅が完全に重なってしまい、正面からは一重にしか見えないタイプです。アイラインやアイシャドーをしても全部二重の幅で隠れてしまい、アイメイクが映えないのがこのタイプのお悩みポイント。
まぶたが重くハレぼったい人も多く、二重アイテムではあまり長時間効果がキープできないことも。
そのためこのタイプの方の多くは、まぶたがスッキリとした幅の広い二重のデザインを希望されるそうです。

奥二重のまぶた
目が小さい

目が小さい

顔のバランスから見て目が小さいと、それほどでもないのに顔が余計に大きく見えてしまったり、表情の印象が薄くとられがちです。
メイクでラインを描いたり陰影をつけることで、目を大きく見せることも可能ですが、もっと根本的に悩みを解決したいと望んでいる方は少なくないはず。そんな小さな目のコンプレックス解消には、まずどんな原因で目が小さいのかを知ることが大切です。
原因に適した治療法を受けることこそ、お悩みを解決する近道と言えるでしょう。

目が小さい
左右で形が違う

左右で形が違う

私たちの目の形は、骨格の違いやまぶたの開き具合などで、誰しも左右に違いがあるものです。
しかし、目の左右の違いが大きく、バランスがとれていないことにお悩みの方もいらっしゃいます。
メイクでバランスを取るのはとても難しく、手間もかかってしまいます。
こう言った目の大きさのアンバランスに対するお悩みを解決するには、左右のバランスが整うような治療をすることが、一番ベストです。

左右で形が違う
まぶたがハレぼったい

まぶたがハレぼったい

まぶたの形としては一重または奥二重に近いのですが、まぶたがハレぼったいため浮腫んだような印象を持たれやすいタイプです。
このタイプの目は、アイプチで二重が作りづらい、つけまつ毛が付けづらいなど、アイメイクがしにくいというのが特徴で、それがさらにコンプレックスを強くしている要因の一端となっています。
原因としては、まぶたの皮膚の厚みや、脂肪量の多さなどが挙げられます。このお悩みを解決するには、原因の解決に合った治療法を受けることがおススメです。

まぶたがハレぼったい
目が離れている

目が離れている

目頭の間隔が広く、目が離れて見えることをコンプレックスとしている方もいらっしゃいます。離れ目さんは、優しげに見えますが、のっぺりした印象や幼い印象を持たれやすいこともあります。
これは、アジア系の人(特にモンゴロイド)特有の目頭にある蒙古ヒダが原因となっています。
この原因に対し正しく治療していけば、目と目の間隔を狭くして悩みを解決することが可能です。

目が離れている

自然にキレイになれる二重整形がわかるサイト

このサイトは二重整形をしたい方のために、1016年7月現在の情報を個人的に収集しまとめました。クリニックの最新情報などは、各公式サイトでご確認くださいね。

Copyright (C) 二重整形・二重手術パーフェクトガイド All Rights Reserved.