Q01

二重の種類ってどんなものがある?

あなたはどのタイプの二重になりたい?

まずは二重まぶたの種類を知っておきましょう。二重まぶたの形はいくつかの種類に分類することができます。自分がイメージする理想の二重はどのタイプか知っておくと、クリニックでのカウンセリングにも役立てることができます。

まぶたの種類

人の顔の印象は、目元で決まります。中でも目の形やまぶたの形がその人のイメージを作り上げると言っても過言ではありません。自然な二重まぶた、アイドルのようなパッチリ二重まぶた、切れ長の二重まぶた、欧米人のような二重まぶた。あなたがあこがれるのはどの二重まぶたですか?
似合うまぶたと理想のまぶたとは異なりますが、まずは自分がどのような目元にあこがれているのか、どうなりたいと思っているのか、イメージを膨らませるために下の5つの分類を参考にしてください。

タイプ1 自然な奥二重

二重のひだが内側にあったり、二重の幅が狭くてひだが奥まって見えるタイプは一重まぶたの状態よりも、丸く大きな印象の目になります。ですが、ぱっと見た感じではそれほど二重が強調された形にはなりません。
二重まぶた整形したことを周囲に気づかれたくない、顔全体の印象をあまり変えたくない、自然でやわらかい雰囲気の目元したい、という希望の方に向いている二重のタイプと言えます。

タイプ2 末広なラインの二重

二重まぶたの種類の中では、日本人の目に最も自然で似合うとされているタイプです。年代問わず指示される二重まぶたのタイプなので、多くの方がこのタイプの二重になりたいと希望すると言われています。
とても自然な二重ラインなので、普段ナチュラルメイクをされる方に最も向いているタイプと言えるでしょう。二重まぶた整形の埋没法でこの形を作ると、元に戻りにくいというメリットもあるそうです。

タイプ3 幅の狭い平行タイプ

華やかな印象の目になりますが、不思議と派手さを感じさせず、落ち着いているように見えるのがこのタイプです。お化粧をしないすっぴんの状態でも、目が比較的大きく見えるのが特徴といえます。
ただし、人によっては二重まぶたの整形手術だけだと形を作るのが難しく、目頭切開が必要となる場合もあるそうです。この二重まぶたのタイプを希望される方は、その点を良くドクターに相談するようにしてください。

タイプ4 幅の広い平行タイプ

比較的若い年齢層で流行っている、二重まぶたのタイプです。目を大きく見せ、ハーフっぽい印象が出るのがこのタイプの特徴。かなり目の印象が強くなります。
つけまつげやアイラインなど、アイメイクをしっかりとしたい人にとても向いています。二重まぶたの整形術ですと、埋没法が選択される場合もありますが、ミニ切開法や全切開法の方がキレイに仕上がる場合もあります。どちらを選択するかは、ドクターとよく話し合いましょう。

タイプ5 パッチリタイプ

このタイプの最大の特徴は、自然に目を開いている状態で、黒目の90%~100%が見えています。お人形さんのような目になりたい、と希望される方のほとんどはこのタイプの二重を選択されるそうです。
ただし、二重まぶたの整形手術でこの形を作る場合、目を開ける筋力が弱い人は眼瞼下垂の手術が同時に必要となることがあります。術式を決める前に、しっかりと診察を受けるようにしましょう。

理想の二重に近づくためには

あなたがイメージする、なりたい二重のタイプはどれだったでしょうか? さて、二重の種類を知っていただいたところで、一つご注意です。目の印象が変わると、顔全体の印象も違ってきます。イメージする二重のラインが決まったら、まずその二重をアイプチなどで作ってみましょう。そうしてから顔全体を鏡で見て、自分がイメージした印象になっているか確認することをおすすめします。
なぜならば、最初に思ったタイプよりも、別のタイプの二重の方が理想に近かった、なんて場合もあるからです。
これは、クリニックの事前診察でもおこなっている、二重の形を決める方法です。目だけを見るのではなく、顔全体の印象も確認すること。それが、理想の二重をゲットする第一歩となります。

自然にキレイになれる二重整形がわかるサイト

このサイトは二重整形をしたい方のために、1016年7月現在の情報を個人的に収集しまとめました。クリニックの最新情報などは、各公式サイトでご確認くださいね。

Copyright (C) 二重整形・二重手術パーフェクトガイド All Rights Reserved.