Q08

二重整形したこと、まわりにバレる?バレない?

誰にもバレずにパッチリ目元を手に入れたい

「整形したでしょ」とまわりから指摘されるのは避けたいですよね。二重整形がバレてしまう理由は3つ。「術後の腫れや内出血」「手術の傷跡」「見た目の大きな変化」です。つまり、これさえ上手くごまかすことができれば、周囲の人にバレずに済むというわけです。

術後の腫れや内出血をカバー

術後の腫れや内出血が目立たなくなるには、手術法によっても違いがありますが3日~1週間ほどかかるとされています。早めの回復のためには、まぶたのアイシングがセルフケアとして推奨されています。
だからといってキンキンに冷やしすぎてしまうとかえって回復を遅らせてしまうため、その点には注意してケアをおこなってください。
また、メイクで腫れや内出血をごまかすのも、バレないようにするには良い方法です。こちらも手術法によって異なりますが、術後約48時間後からお化粧をすることができます。長引きやすい内出血によるアザは、濃いめのアイシャドーを使用することで隠すことが可能です。
こうしてまぶたの状態をごまかしながら、症状が治まるのを待ちましょう。また、眼鏡を使用することも、腫れや内出血のカバーには有効な方法です。

手術の傷跡をカバー

まぶたに残るであろう手術の傷跡。これも、周囲から整形を指摘される一つの要因です。
もちろん二重整形では、術後に傷跡が目立たなくて済むように、極細の糸を使用する、二重のラインに沿って切開をおこなうなど、様々な工夫がされています。
ただ個人差というのもありますから、手術の前に担当してくれる医師としっかり話をすることをおすすめします。手術後は、傷口を乾燥させないように軟膏などを塗ったり、保護テープを貼るなどのケアをおこないながら、傷跡が徐々に目立たなくなるのを待ちます。
その間は、傷跡をひっかくなど刺激を加えることはNG。また日焼けにも注意が必要なので、特に外出の際はしっかりUVケアをおこなうなどして傷跡がひどくならないようにしていきましょう。

見た目の変化をカバー

二重整形の手術後、一番整形とバレやすいのが、見た目が大きく変化すること。そのため、二重のデザインの中でも「自然な奥二重」や「末広のラインの二重」といった幅の狭いタイプのものがバレにくく、二重の幅が広いデザインをした人ほど、周囲にバレやすいと言われています。
では、バレたくないと言う人で、ハッキリした幅広い二重のデザインにしたい、といった時はどうしたらよいのでしょうか?その場合、事前に対策をとることで、周囲にバレにくくすることができます。
その方法が、アイプチなど二重アイテムの活用です。普段からアイプチなどで二重になった自分で過ごすことで、周囲の人にはそれが普通となります。ですので、整形で二重になった後も、なんの違和感もなく受け入れてくれるのです。
この方法はバレにくくするという目的の他にも、どんな二重のラインが自分に似合うのか、手術前に確かめられるというメリットもあります。

自然にキレイになれる二重整形がわかるサイト

このサイトは二重整形をしたい方のために、1016年7月現在の情報を個人的に収集しまとめました。クリニックの最新情報などは、各公式サイトでご確認くださいね。

Copyright (C) 二重整形・二重手術パーフェクトガイド All Rights Reserved.