アイプチでパッチリ奥二重をつくりたい

女性たちの間で人気のアイプチ。かつては女子高生限定グッズのような趣がありましたが、昨今では愛用する年齢層が広くなり、40代で使っている人も決して珍しくありません。

使い始めた当初はなかなか上手に二重を作ることができないかもしれませんが、慣れてくれば手早く上手に二重を作ることができるようになります。

ただし、ご注意いただきたいのですが、あくまでもアイプチは一時的に仮の二重を作るためのグッズです。ほとんどの商品は、一日で二重が取れてしまいます。そのことを理解したうえでアイプチデビューをしましょう。

簡単二重!アイプチのやり方

アイプチとは、のりでまぶたをくっつけて二重を作るグッズのこと。次のような手順で二重を作ります。

① まぶたの脂や汚れをしっかり取る コットンでまぶたを清潔にします。油分や汚れが残っていると、上手にのりがくっつきません。

② 二重のラインを決める 欲を出して広くラインを取ってしまうと、仕上がりが不自然になります。注意してください。

③ まぶたにアイプチを塗る 半目状態にして、二重ラインが中心になるように半月型を描いてアイプチを塗ります。

④ アイプチが渇くまで待つ 半目状態のまま、アイプチが半透明になるまで待ちます。

⑤ まぶたを軽く押し上げる アイプチに付属しているプッシャーという道具を使って、まぶたを軽く押し上げます。

アイプチを使って上手に二重を作るためには、少々慣れが必要です。最初はうまくいかないかも知れませんが、慣れてくれば手早く上手に二重を作ることができるようになります。練習あるのみです。

おすすめのアイプチはどれ?失敗しないアイプチの選び方

アイプチには、大きく分けて、液状タイプ、テープタイプ、ファイバータイプのものがあります。

  • 液状タイプ
    まぶたを(液状の)のりでくっつけて二重を作るタイプのものです。アイプチと言えば、通常はこの液状タイプの商品を指します。
  • テープタイプ
    一般に、アイテープと呼ばれる二重グッズです。まぶたの上に透明のテープを貼って二重を作ります。
  • ファイバータイプ
    あいて糸状でできたアイテープです。使い方はアイテープと同じです。

気軽に二重を楽しんでみたい方には、液状タイプがおすすめです。また、まぶたが厚い人や、まぶたの皮膚が張っている人には、テープタイプがおすすめ。液状タイプよりもテープタイプよりも、もっと自然な二重を作りたい人には、ファイバータイプがおすすめです。

アイプチしていることがバレたくないなら

アイプチの使い方に慣れてくれば、誰でも簡単に二重を手に入れることができます。リーズナブルな商品もあるので、気軽に二重を楽しみたいという方にはおすすめです。

ただし、アイプチで作った二重であるということは、男性には見抜けないかも知れませんが、女性にはバレやすいことに注意してください。 また、お泊りに行ったときやプールに遊びに行ったとき、スーパー銭湯などで楽しんだときなど、普通のアイプチは簡単に取れてしまいます。もちろん男性にもバレるので、恥ずかしい思いをするかも知れません。

アイプチは、あくまでも一時的に二重を作る道具。継続的に二重を維持したいなら、プチ整形するほうが確実です。長期的にアイプチを購入するよりも埋没法で施術してもらったほうが、金銭的にもお得です。

自然にキレイになれる二重整形がわかるサイト

このサイトは二重整形をしたい方のために、1016年7月現在の情報を個人的に収集しまとめました。クリニックの最新情報などは、各公式サイトでご確認くださいね。

Copyright (C) 二重整形・二重手術パーフェクトガイド All Rights Reserved.