完全切開での二重整形が得意な名医5人を紹介

全切開法画像埋没法での二重整形は、数年内、早い人だと1年程度で二重が崩れてしまいます。半永久的な二重を手に入れたい人、または埋没法が適していない方は、完全切開も視野に入れましょう。

完全切開は、部位は小さいものの高い技術レベルやセンスなども要求される高度な外科手術です。経験の浅い医師や、ベテランでもセンスが良くない医師を選ぶと後悔することになりかねません。一生ものの二重を手に入れるには、たとえ予約に時間がかかっても、たとえ場所が遠くても、「名医」にお願いするのが一番。状況が許すならば、ぜひとも以下5名のドクターに担当してもらいたいものです。

名医01:横谷仁彦 所属:湘南美容外科

医師イメージ

経歴

  • 2001年 大阪大学医学部医学科卒業後、大阪大学医学部附属病院心臓外科・外科・救命救急科にて研修
  • 2002年 日本生命済生会附属日生病院外科
  • 2004年 大阪市立総合医療センター心臓血管外科
  • 2006年 八尾徳洲会総合病院心臓血管外科
  • 2007年 大阪大学医学部附属病院心臓血管外科
  • 2008年 大手美容外科勤務院長経験
  • 2009年 湘南美容外科入職
  • 美容外科専門医(JSAS) 、日本外科学会専門医。

グループ屈指の二重術エキスパート

二重の症例数では、今や西日本でNo.1とも言われる名ドクター。心臓血管外科医の経験が長く、その間に培った技術力・手先の器用さで、患者の思い描く理想の二重を完成させます。
二重整形以外にも、豊胸術や脂肪吸引など、外科治療全般が得意。常に全力疾走で患者と向き合う熱血タイプのドクターです。二重整形を受けた女性たちの多くの喜びの声からも、その技術力の高さは証明されます。
美容外科学会、および日本形成外科学会の認定専門医。

クリニック画像

所属クリニック:湘南美容外科

CMや雑誌などのメディアで有名な湘南美容外科。全国に50院以上を展開する一大美容クリニックグループです。二重整形の症例数は累計で14万件を突破。人気の「クイックコスメティーク法」は上記・横谷医師が開発者しました。

名医02:福田慶三 所属:ヴェリテクリニック

医師イメージ

経歴

  • 1985年 名古屋大学医学部卒業
  • 1987年~1992年 米国の医療機関にて研修
  • 1995年 小牧市民病院形成外科部長
  • 2002年 愛知医大形成外科講師、大手美容外科院長・医療次長を経てヴェリテクリニックを開院
  • 日本形成外科学会専門医、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会(JSAS)専門医。
    元・高須クリニック医師、元・コムロ美容外科医療次長。

予約の取りにくい世界的名医

日本のみならず世界的にも著名な美容外科医。アメリカでの研修も長く、その間にアメリカの医師免許も取得して現地では外科医として活躍されていました。
二重形成術の技術力の高さはもちろん、患者の皮膚の個性などを加味しながら、最高の二重術を完成させる技術力の高さが評判。高須クリニックの高須医師、コムロ美容外科の小室医師から直々に指導を受けたお弟子さんでもあります。
公式HPでは「福田医師出勤予定」が掲載されているので、直接治療を受けてみたいという方はチェックしてみてください。

クリニック画像

所属クリニック:ヴェリテクリニック

全国に4院を展開する美容外科グループ。各院の院長は、専門医はもとより「指導医」の資格を保有。美容外科医たちの先生として、多くの優秀な若手医師を育ててきました。他院での失敗した整形を治す「修正術」でも知られます。

名医03:西山真一郎 所属:西山美容・形成外科医院

医師イメージ

経歴

  • 1968年 北海道大学医学部 卒業
  • 1969年 東京女子医大 消病センター外科 勤務
  • 1973年 東京大学形成学科 勤務
  • 1973年 東京大学形成学科 勤務
  • 1977年 西山美容・形成外科医院 開院
  • 日本美容医療協会適正認定医、美容外科専門医、形成外科認定医、
    日本美容外科理事、日本美容医療協会元理事長。

二重術の得意な美容医療界の重鎮

大学卒業後、消化器外科と麻酔科を経て、東大病院形成外科にて美容医療を習得。以後、美容外科学会理事、日本形成外科画家会評議員などを歴任した、美容医療界の重鎮ドクターです。
多彩な美容外科治療を手掛けてきましたが、中でも特に力を入れてきた分野が二重整形。埋没法はもとより、高い技術力を要求される切開法を得意としてきました。「重瞼術と重瞼幅の左右差について」、「美容外科手術(二重手術)の前に決めること:重瞼術 主に切開法について」など、二重整形に関する学術論文を多数発表しています。

クリニック画像

所属クリニック:西山美容・形成外科

二重整形を筆頭に豊胸、スキンケア、各種形成外科メニューを提供するクリニック。患者の目的や手術に対する希望をしっかりとヒアリングし、その手術のメリット・デメリットを明確に伝える、リピーターや紹介の多いクリニックです。

名医04:中西雄二 所属:ワイエススキンクリニック

医師イメージ

経歴

  • 1983年 藤田保健衛生大学 大学卒業・入局
  • 1989年 トヨタ記念病院形成外科部長
  • 1990年 藤田保健衛生大学形成外科学教室講師
  • 1996年 慶應義塾大学講師(伊勢慶應病院形成外科)
  • 2000年 慶應義塾大学助教授(伊勢慶應病院形成外科)
  • 2002年 第一なるみ病院形成外科部長
  • 2004年 ヴェリテクリニック総院長
  • 2015年ワイエス美容外科クリニック統括医療部長、藤田保健衛生大学形成外科学教室客員准教授
  • 医学博士、日本美容外科学会専門医、日本形成外科学会専門医・評議員。

ドクター個人の二重症例数が豊富

ワイエススキンクリニックや、その系列の表参道スキンクリニックなどで執刀するベテラン美容外科医。日本美容外科学会と日本形成外科学会から専門医資格を付与されるなど、技術・理論面ともに実力はお墨付き。慶応大学や藤田保健衛生大学などで若手の指導にも携わるカリスマドクターです。
ワイエススキンクリニック自体の症例数はもとより、中西ドクター自身の二重整形の症例数が豊富。蓄積された経験を土台に最先端の医療技術を加え、理想の二重に仕上げます。

クリニック画像

所属クリニック:ワイエススキンクリニック

多彩な美容外科・皮膚科メニューを提供し、多くの実績を積み重ねてきたクリニック。経験豊富なベテラン医師が、二重整形を始め多くの施術に直接携わります。美容医療学界の革命的存在・松木貴裕医師も在籍。

名医05:濱田英之輔 所属:アーティスクリニック

医師イメージ

経歴

  • 1994年 神戸大学医学部卒業
  • 1994年 神戸大学医学部麻酔科
  • 1998年 大手美容専門クリニック院長就任
  • 2002年 アーティスクリニック開院

「患者本位の美容医療」がモットー

大手美容外科の院長としての実績を積んだ後、2002年にアーティスクリニックを開院。美容外科歴20年弱の実績豊富なドクターです。
独立開院したきっかけは「患者のための美容外科」という夢を実現したかったから。ともするとお金儲けに走りがちな美容医療業界に疑問を持ち、患者に正面から向き合った正真正銘の医師としての姿勢を貫きたかったとのこと。
得意な施術は二重整形。某大手美容サイトでは、二重整形の記事や監修を担当しています。

クリニック画像

所属クリニック:アーティスクリニック

患者本位の美容医療の提供をモットーに、痛みの軽減、万全なアフターケア、明確な料金体系を掲げる美容クリニック。豊富なメニューの中でも特に二重整形には力を入れており、公式HPとは別で詳細な二重専門サイトも開設しているほど。

自然にキレイになれる二重整形がわかるサイト

このサイトは二重整形をしたい方のために、1016年7月現在の情報を個人的に収集しまとめました。クリニックの最新情報などは、各公式サイトでご確認くださいね。

Copyright (C) 二重整形・二重手術パーフェクトガイド All Rights Reserved.