二重整形・二重手術パーフェクトガイド HOME » 自分にピッタリの二重整形の種類を教えちゃう

自分にピッタリの二重整形の種類を教えちゃう

二重まぶた整形の種類と特徴とは?

二重整形には、複数の種類の治療法があります。ですが、それらの種類のどの方法を選択しても、キレイな二重がゲットできるというわけではないのです。 その理由は、それぞれの治療法には特徴があり、手術を受ける方のまぶたの状態によって、適している・適していないが分かれてしまうからです。 そこで、どんな種類の治療法が自分にピッタリなのかを知るために、治療法別にそれぞれの特徴と、適しているまぶたのタイプについて解説していきましょう。

二重整形をするなら自分の目のタイプをおさえよう

まぶたの脂肪量が少ない場合は、埋没法や切開法などの一般的な二重まぶた整形が問題なく行えます。あとは、希望のまぶたの形や費用などに応じて整形方法を選択すればOK。まぶたの脂肪に厚みがある人の場合は、クリニックと相談して、まぶたの脂肪吸引も視野に入れておいたほうがいいかもしれません。

埋没法

埋没法

二重整形の種類「埋没法」とは、メスを使わず希望の二重のライン上に2、3箇所糸で留め埋め込むことで、二重を作っていく方法です。
手術時間も短くダウンタイムも1週間ほどとされているので、二重整形の中では手軽な手術法として人気が高い治療法。そんな「埋没法」の施術は、まぶたの脂肪量が少なく皮膚にも厚みがない人に適しているとされています。
脂肪量が多い人が「埋没法」を希望される場合は、「脱脂法」で脂肪を除去してからおこなうことで、二重の効果がキープできるそうです。

部分切開法

部分切開法

二重整形術の一つである「部分切開法」とは、まぶたの一部分をメスで切開して二重を作っていく方法です。
末広のデザインなど、二重の幅がそれほど広くなく、自然なデザインを希望される方にオススメで、まぶたが厚い人にも適している方法とされています。
切開部分は数ミリと小さいため、切開術の中では術後の腫れがそれほど大きくないというのが、この治療法の特徴となっています。
また、「埋没法」よりも、二重の効果を持続させることに優れているそうです。

完全切開法

完全切開法

二重整形の一つである「完全切開法」とは、希望の二重ラインに沿ってメスを入れ、余分な皮膚や脂肪を除去したあと縫合することで、二重まぶたを作っていく方法です。
抜糸に1週間、ダウンタイムにおよそ1ヶ月~2ヶ月必要ですが、くっきりした幅広の二重を形成することが可能で、効果も半永久的に継続すると言われています。
二重をキープするのが難しい、まぶたに厚みのある人や脂肪量の多い人にも適していて、効果の持続性も同じように得られるとされています。

目頭切開法

目頭切開法

二重整形の一つである「目頭切開法」とは、東洋人特有の目頭にある蒙古ヒダを切除していくことで、大きな目を作っていく方法です。
小さい目にお悩みの方は、この蒙古ヒダの発達が原因となっていることが多く、目頭切開をおこなうことで悩みを解決することが可能です。
また、目が大きくなることで、小顔効果が得られるのもこの方法の特徴とされています。
「目頭切開法」だけでは、二重を作ることが難しいですが、もともと末広型の二重の人がこの治療法を受けると、キレイな平行の二重になる事があるそうです。

まぶたの脂肪吸引

まぶたの脂肪吸引

二重整形の種類のひとつである「まぶたの脂肪吸引」とは、まぶたの脂肪を取り除いていく方法で、「脱脂法」とも言われています。
まぶたが重くいつも眠そうな印象が持たれてしまう方のお悩み解消に適していて、ハレぼったいまぶたをスッキリさせるのに効果的な方法です。
しかし、脂肪除去だけではキレイな二重になることは難しく、「埋没法」や「切開法」と組み合わせで治療していくことが多いそうです。

自然にキレイになれる二重整形がわかるサイト

このサイトは二重整形をしたい方のために、1016年7月現在の情報を個人的に収集しまとめました。クリニックの最新情報などは、各公式サイトでご確認くださいね。

Copyright (C) 二重整形・二重手術パーフェクトガイド All Rights Reserved.